タイプ964を中心とする空冷ポルシェ911の相場がウルトラ高騰していることについては、賢明なるカレントライフ読者諸兄はとうにご存じかと思う。またその狂乱相場がこのところピークアウトし、落ち着きを見せ始めたことも、おそらくはご存じだろう。

筆者もそのようにとらえていたわけだが、その筋の専門店に取材すると、事実はほんの少しだけ異なっている模様だ。

下がったのは「ドサクサにまぎれて高騰した個体」

タイプ964の相場がピークアウトしたのは事実だが、それは「すべての個体が値落ちした」ということを必ずしも意味してない。例えば走行2万km台でオリジナルコンディションな964などは相変わらず天文学的な(?)プライスが付いており、それなりに上質なオリジナル964にも、それなりに高額なプライスボードが掲げられている。

下がったのは「ドサクサにまぎれて高値を付けていた個体」だ。

過走行なだけでなく、状態もイマイチなティプトロ車。妙な改造が施されている個体。シビアな修復歴がある物件……等々もブーム期はドサクサで高値になっていたわけだが、それらが今、そのモノに応じたプライスに下がったのである。まぁ、それでも数年前と比べればベラボーに高いわけですが。

しかしいずれにせよ「時は来たれり。買うなら今しかないぜ!」と考える不肖筆者だ。

本当ならもうひと声、いやもうふた声下がった段階で買いたいわけだが、おそらくタイプ964の相場はもう下がらない。や、オンボロ改造964とかは今後いくらでも安くなるのかもしれないが、ノーマルコンディションの良質な個体については、上がりこそすれ、下がるはずがないのだ。

なぜならば、それが「人気のクラシックカー」であるからだ。

中年になると、ずいぶん前の出来事も「つい最近のこと」と思ってしまいがちだが、冷静に考えればポルシェ911タイプ964が新車として販売されていたのは20年以上前のこと。たかが20年レベルのクルマを「クラシックカー」と呼ぶのはいろいろ語弊もあるが、少なくとも「クラシックなカー」であることは2000%間違いない。で、それは世界中で非常に人気が高く(良質なノーマル車の場合のみ)、現存数がさほど多いわけでもない(特に良質ノーマル車は)。

……下がる道理がないではないか。上がる可能性はあっても。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事