意外に思われるかもしれませんが、筆者には「試乗する」という経験がそれほどありません。何か珍しい記念品が貰えるキャンペーンとか友人のクルマ選びに付き合った時を除き、どうも買う気もないのにクルマを試乗するという気にもなれないのです。しかも、スバル360とセリカLB以外のクルマを現時点で所有した事が無いため(ちなみにスバル360もセリカLBも不動状態の車両を整備後納車という形で購入しているため、今のところ、購入前に試乗したという経験もありません)、社用車等、職務上で乗ったクルマを除くと、運転した事のあるクルマは実はそれほど多くないと思います。もしかしたら、カレントライフの読者の皆様の方が色々なクルマに乗った経験があるかもしれません。

そんな筆者ですから、本来カレントライフのテーマのコアとなりうる輸入車を運転した経験など片手で数えられるほどしかありません。その一方で、数少ない運転をしたことのある輸入車の一つに、一時期知人が所有していた「1958年型ベントリィS1フーパー」があります。同時にこのベントリィが今のところ、筆者が運転した事のある最も古いクラシックカーでもあります。


▲筆者のセリカと1958年型ベントリィS1

このベントリィ、一時期はクラシックカーイベントにもしばしばエントリーされていました。オーナーである知人も、ただの趣味車としてではなく、市内の仕事の移動は勿論、時には名古屋〜東京往復にも使っていたので、どこかで見たことがあるかもしれません。

ベントリィのオーナーの仕事は世の中の最先端?

このベントリィのオーナーはIT関連の凄腕のSEで、「IT革命」という言葉が流行っていた頃、パソコン初心者の時は困ったときはいつこの方に助けてもらっていました。自宅が比較的近い事もあり、何かあったときにその知人の自宅に行けばすぐその場で直してもらえるということで、メーカー製ではなく、知人に組んでもらったパソコンを使っていた時期もありました。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事