1970年に誕生したトミカは、名実ともに日本のミニカーを代表する存在です。そのトミカから派生した新シリーズとして2015年に登場したのが「トミカプレミアム」。今回は、普段トミカを買わない人でも思わず惹きこまれてしまう、トミカプレミアムの魅力についてお伝えします。

トミカプレミアム

トミカプレミアムの特長とは?

トミカプレミアムは、おなじみのトミカサイズはそのままに、細部まで造り込みを行ったハイディテールのコレクションモデル。通常のトミカでは、幼児がケガをしないようにエッジ部分を丸めるなど、ボディ全体にディフォルメを施す場合が少なくありません。しかしトミカプレミアムでは、新規金型を使用してリアリティを追求。トミカとは一線を画した専用設計としているのが最大の特長です。

トミカプレミアム

写真はランボルギーニ カウンタック LP500Sの比較例です。左は1970年代のスーパーカーブーム時代に発売された初期の製品で、右がトミカプレミアム製品。金型が別物であること、タイヤ/ホイールが専用品であることが一目でわかります。よく見ると、リアスポイラーの形状も大きく異なっています。

通常のトミカではリアスポイラーなどのエアロパーツはボディと一体成型されることが少なくありません。しかし、トミカプレミアムではそれらを別パーツで再現し、リアリティを追求しています。そのため、トミカプレミアムの対象年齢は6歳以上。トミカの対象年齢は3歳以上なので、小学生以上を対象としたミニカーとなっているのです。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事