日本ではルノーカングーが人気ですね。乗るとわかります。とても多目的で割り切っているのです。もはや外車だからではないですね、あれは。そして商用車用のギヤ比で結構きびきびと走ります。もちろんオートマチックは主に日本市場、乗用車仕様のクルマ向けでしょうからそれほどでもないですが、マニュアル車はちょっと暴力的すぎるのではないか?そう思うほどクイックな加速を見せますね。フォルクスワーゲンにも実はああいうクルマが存在しますね。その名を「キャディ」と言います。

現行モデルはゴルフ的な顔を持ち、それだけかなり立派なクルマになっていますが、昨日・今日、それこそカングーのマネをして出しただけのクルマではなく、以前から軽微な商用車としてひそかな人気モデルだったようです。

ドイツからの便りで送られてきたのは、そんな初代のキャディ、ゴルフ1ベースのモデルの写真でした。このあたりももうHナンバーの領域に入りつつあるクルマですね。

ゴルフの北米向けモデルである、ラビットのトラック仕様としての需要が最初のきっかけだったクルマですね。もちろん商用車としても需要は多かったですが、若者が最初のクルマとして選び海にサーフィンをしに行く。そんなときの頼れる相棒として小気味よいトラックは人気だったのです。

ヨーロッパではボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ工場で製造されていたようです。やがてマーケットの主戦場をヨーロッパに移すこととなったこのクルマ、ポロをベースにさらに小ぶりなクルマとなりました。それが二代目となります。そして現行型へと進化しているのです。

日本には輸入されなかったこのキャディ。それでも、ときどきは見かけるます。横浜周辺でも、1件このクルマをアシにしているお店があるのです。環状四号線沿いのボッシュの修理工場では、この初代キャディをボッシュカラーにして乗っているようです。時に道ですれ違ったりするとなんだかとてもラッキーな気持ちになります。

果たして、ドイツではどうなのでしょうか。かわいらしい商用車はやはり現地の子供たちや人々に愛されているのでしょうか。この大きなキャノピーがあればだいぶいろんなものが運べそうですね。小さいけど大きな荷台に大変身。シンプルなフォルムと、想像を掻き立てる大きな荷台はもはや夢のようなもの。

そんなデュッセルドルフのゴルフキャディの便りでした。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事