都内を歩いていると、自分よりも明らかに年下の方がスーパーカーを運転していることが少なくありません。正直にいいます。いいなあと思います。羨ましいですよ、やはり。

仮に、新車のランボルギーニ アヴェンタドールを買おうとしたら、筆者の実家の地域であれば新築の一軒家が手に入ります。若くしてアヴェンタドールを買えるということは、(その方法はさておき)何らかのリスクを背負ったその対価だと思うのです。もちろん、実家がお金持ちだから買える(多少なりとも援助してもらえる)というケースもあるはずですが、こればかりは運命なので気にしても無意味だと考えています。

妬みたくなる気持ちも分かる。かつて自分もそうだったから・・・

BMW M3 E30

筆者が最初のクルマを手に入れることができたのは24才のとき。運転免許を取得してから5年の歳月が過ぎていました。その間は、親のクルマを借りたり、友人のクルマの助手席に乗せてもらったり・・・。では、なぜ買えなかったのか?それは単純に「お金がなかったから」です。何度か安いクルマを買おうとしたけれど、なかなかいいご縁に恵まれず・・・。あれは忘れもしない二十歳のとき。20万円でフォルクスワーゲン ゴルフGTI(ゴルフII)を買わないかというお話しをいただいたときも、なかなか決断できず断ってしまったのです。ああ、あのときの自分をハリセンでぶっ叩きたい・・・。

20代半ば近くともなれば、同級生たちはすでに2台目、3台目へと乗り換える人もちらほら。いわゆる「オトコの60回ローンを組んで」新車を買う仲間もいました。それはもう羨ましくて仕方なかったです。こちらはというと、買えもしないのに地元の中古車販売店に行ってクルマを眺めたり、カーセンサーや、いまとなっては懐かしいウィズマンを書店で立ち読みしたり・・・(この時代はインターネットはほとんど普及していませんでした)。クルマも持っていなかったし、暇だったこともあり、某所に展示されていたランボルギーニを眺めるためだけに、片道50kmくらいの距離を夜な夜な自転車で走ったことが何度もありました。いまにしてみれば、何だか悶々とした日々を過ごしていたように思います。

妬んでいると運も縁も逃げていく?

NSX

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事