不肖「国産クラシックカー一筋」の筆者ですが、今回はあえて国産クラシックカーのオーナーからの視点で「日本車を選ぶ理由」という事を考えてみようとかと思います。いやもしかしたら筆者自身が何故、突然「オールドメルセデスに乗りたい」と考えるに至ったのかという理由を考えることでもあるかもしれません。

日本で輸入車に乗る事になんのメリットもない?

カレントライフの誌面で言うべき事では無いのを承知で、実も蓋も無い事をいってしまえば、実用面において日本で輸入車に乗る事になんのメリットも無いでしょう。最近は国問わずどこのメーカーもあらゆる状況を想定し、時には輸出先の国で実走テストをしあらゆる不具合を洗い出し、日夜開発競争でしのぎを削っているとはいっても、本国とは気候も、道路事情も使用環境も全く違い、むしろ温暖湿潤で気候変動も寒暖差も激しくストップ&ゴーが多く、狭い路地の入り組んだ、おそらく自動車にとって世界で最も過酷な使用環境であろう日本で輸入車に乗るのは国産車と全く同じ感覚というわけにはいかないでしょう。

クルマに対して特に拘りが無い、あくまで実用、かつ日本の道路事情という意味においては国産車、1000ccクラスのコンパクトクラス、あるいは軽のハイトワゴンでも十分なくらいかもしれません。一時期仕事でスズキワゴンRやダイハツタント、日産デイズ等の軽ハイトワゴンに頻繁に乗ることがあったのですが、日常の移動手段としてならもうあれに勝るものはありません。見事なパッケージングで体感的なキャビンの広さではロワーミドルセダンも凌駕し、最近はCVTとスロットルの制御が絶妙で加速性能にも不満はありません。

市街地走行なら筆者の昭和48年セリカLBより現行のターボ付き軽トールワゴンの加速の方がよっぽど速いくらいです。入り組んだ路地を走ることが多い人であれば、国産でも下手にアッパーミドルやフルサイズのセダンに乗るほうが持て余すかもしれません。ちなみに、現行軽自動車のサイズは全長が初代カローラより300mm短いだけです。おそらく、現行規格の軽自動車のサイズは日本の道路規格や建築規格を鑑みて本来は日本の国土事情に一番適したサイズなのかもしれません。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事