ドイツはようやく夏本番。日本の夏につきもののまとわりつくような湿気もなく、快適な陽気が続きます。今回はそんなすっきりとした夏空の下、6月17日から18日にかけて行われたクラシックカーイベント、「Retro Classics meets Barock(レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック)」をレポートします。

クラシックカーイベント「レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック」とは?

ポルシェやメルセデス・ベンツの故郷、シュツットガルトから北に15分ほど列車で向かうと、そこにLudwigsburg(ルートヴィヒスブルク)という町があります。人口は9万人ほど。あまり馴染みのない地名だと思いますが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞を書いたことで知られる劇作家、シラー生誕の地であり、クルマ好きの方にはトランスミッションのメーカー・ゲトラグ創業の地、といえばイメージできるでしょうか。そしてなにより、この町には現存するドイツ最大のバロック様式宮殿、Residenzschloss Ludwigsburg(レジデンツシュロス・ルートヴィヒスブルグ)があります。

エーベルハルト・ルートヴィヒ公爵が1704〜1733年にかけて建設。長い歴史の中で幾度も改装され、バロック、ロココ、新古典主義と複数の様式が混在しています。部屋数は452にものぼり、敷地内に数々の庭園や劇場、教会、美術館を抱える壮大な宮殿(レジデンツシュロス)です。かつてナポレオンも訪問し、2度にわたる世界大戦においてもほとんど被害を被らずに残ったこの宮殿の中庭で、「レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック」は開催されました。


▲宮殿をバックにワインを楽しむ人々

地元の方に聞いたところ、おすすめは「トロリンガー種の赤ワイン!」だそうで、筆者もお土産に買って帰りましたが、とても美味でした。フレッシュなのに味がしっかりしていて軽い飲み口なのにキレのある、一度飲んだらクセになる味わいです。


▲レトロ・プロモーション社のゼネラル・マネージャー、Susanne Kirschbaum(ズザンネ・キルシュバウム)氏。ご多用のところ、ミーティングや準備の合間を縫って、お話を伺うことができました

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事