五月雨を あつめて早し 最上川
それにつけても 金の欲しさよ
―松尾芭蕉―

……と、松尾さんはそんな歌など作ってはないわけだが、わたしと来た日にはいつもそのようなことばかり考えている。「それにつけても金の欲しさよ」と。

残る人生で1億円ぐらいは必要。さて、どうやって稼ぐ?

といっても別に数十億円とか数百億円とかいった超絶大金が欲しいわけでもない。わたしが「欲しいなぁ」と思うのは、零細自営文筆業者である自分が完全に干されたり、若衆の台頭により働き場を失ったりしても、健康ですこやかでささやかな毎日をせいぜいあと30年ほど送るのに必要なぐらいのマネー……にすぎない。

これまでマジメに計算したことがないので詳細は不明だが、試しに今計算してみると、毎月30万円ぐらいのバジェット感でささやかに暮らすとして、それが12カ月で360万円。仮にあと30年生きるとして1億800万円。いわゆる年金は今後どうなるかよくわからないのでとりあえず除外して考えると、要は「1億円ぐらいありゃなんとかなる」ということになるだろうか。

しかし、こんな小生でも年に一度ぐらいは亜米利加のハワイ州か、せめて琉球国ぐらいにはJALパックで行きたいので、もうちょい余裕をもたせて「1.5億円ぐらいありゃなんとかなる」というように上方修正させていただきたい。

が、当然ながら現状そんなマネーは持ち合わせていないため、「……それにつけても金の欲しさよ。天下の回り物たぁいうけれど、オイラのところにゃどうすりゃ回る?」などと若干字余りの七五調でつぶやきながら、わたしは自宅近隣への散策を敢行した。小生は何らかのアイディアすなわち着想を得たい場合は「散歩」に頼る場合が多いのだ。

「みんな平民」だと思っていたが、ド平民なのは自分だけだった

そうしてブツブツつぶやきながら歩くと……なんたることだ。我が長屋のご近所さんでは今、邸宅の新築ラッシュが発生しているではないか。どこもかしももトンカントンカンと大工さんらが甲斐甲斐しく働き、大層立派な邸宅が多数建築中である。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事