たった1冊のクルマのカタログが、その後の人生を大きく左右することってあるように思います。既に愛車は手放してしまったけれど、当時、手に入れたカタログはそのまま保管してある・・・そんな方も多いのではないでしょうか?

恋い焦がれた日産フェアレディZ(Z32)のカタログを手に入れたときの喜びといったら・・・

GT-R NSX フェアレディZ RX-7
▲フェアレディZ(Z32)のカタログの表紙の色といえば「赤」でした(後に変わります)

筆者が高校生のとき、学校の文化祭にOBがブラックメタリックの日産フェアレディZ(Z32)に乗って現れたんです。男子生徒は文化祭そっちのけで大騒ぎ。当時の最新かつ現行モデルのZ32を、20代前半の先輩がどのように手に入れたかは分かりませんが、それはもう格好良くて・・・。と当時に羨ましかったですね。こちらはクルマを持つどころか、運転免許すら取得できなかったときですから。

まずは実車を間近で観てみたい。高校生ですから、当時の移動はママチャリです。高校生がママチャリでディーラーに行くのはあまりにハードルが高すぎます。そこで父親に頼み込み、近所の日産ディーラーにクルマで連れて行ってもらい、たっぷりとZ32に触れさせてもらいました。すると帰り際にセールス氏がカタログをくれたんですね。「NISSAN SPORTS Fairlady Z」と書かれた真っ赤なインクで印刷されたカタログ。あのときの記憶は一生忘れません。「俺も二十歳になったらぜったいにZ32を買ってやる!」と固く心に誓った瞬間でした。

GT-R NSX フェアレディZ RX-7
▲オーナーだった方はもちろん、筆者のように憧れていた方も、何度も何度もカタログを読み返したのではないでしょうか?

しかし、新車で軽く400万円オーバー、人気モデルであったため中古車でも高値安定だったZ32、20代そこそこの若者が買うなんて、夢のまた夢だったことを思い知らされます。それでも、飽きもせずに毎日のようにカタログを眺めました。

ホンダNSX(初代)発売日にカタログをもらいに行く。その格好は・・・

GT-R NSX フェアレディZ RX-7
▲「学ラン+ママチャリ」でもゲットできたNSX(初代)のカタログ。手にしただけで、その日の天気や情景ですら思い出せます。いま思うと恥ずかしいやら、ディーラーも方もよく対応してくれたなと思うやら・・・

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事