草サッカーや草野球のチームに所属していると、「グラウンドまで乗ってくる自家用車の毛色」みたいなものがチームごとに結構異なっていることに気づく。

いわゆるガテン系職業の方が多いチームはご多分に漏れずハイエースあたりに乗ってくる人が多く、普通の勤め人さん中心のチームはプリウスだったりヴォクシーだったりノートだったりと、まるで本邦自動車市場の縮図を見ているような感じだ。

わたしが主宰している草野球球団・東京フォッケウルフはメディア関係の自営業者が多いため、「変な中古ガイシャ」とでも呼ぶべき安めの輸入車に乗っている者が多いわけだが、時おり「変な中古ガイシャ」ではなく「正統派でそこそこ高そうな輸入車」の比率が妙に高いチームと試合をすることがある。

それは外資系コンサルさんのチームとかではなく、「地方公務員チーム」である。

失業の可能性ほぼゼロ=クルマに金を突っ込める

もちろん一概には言えないが、彼らは「先代」になったばかりのF10型BMW 5シリーズだったり、現行S205型メルセデス・ベンツCクラスステーションワゴンあたりが「好物」だ。いずれもベントレーやらアストンマーティンやらほど高価なクルマではないが、それなりに高額なクルマであることは間違いない。

「は~、地方公務員さんってのはなかなかのお大尽でございますなぁ」と一瞬思うわけだが、冷静に考えてみれば地方公務員さんというのは「お大尽」というほどの高給取りではない。

昔対戦したことがある埼玉県の某公務員チームさんを例にとってみるなら、埼玉県職員の平均年収は資料によれば686万円。この金額を12で割ると、諸手当と年2回の賞与を含んだうえでの額面収入は月額約57万円。……ま、勤め人としてぜんぜん悪くないお給金かとは存じますが、決して「お大尽」とか「チョー金持ち!」というわけでもないことがわかる。中の上っつー感じでございましょうか。

なのになぜ、彼らはなかなかお高いF10型BMW 5シリーズとかに平気の平左で乗れているのだろうか?

結局のところは「失業の不安がないから」ということなのであろう。

民間はそうもいかず、フリーランスはさらに難しい

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事