世の中には「似て非なる物」という物があります。形はよく似ているがどこか違う。全く違う物のはずなのどこかに似ている。その一つが日本人とドイツ人の国民性ではないでしょうか。協調性を善しとし、義理を重んじ、抽象的な日本人と個人主義で、合理性に徹し、理論的なドイツ人、しかし勤勉で努力家で真面目で規則正しい両国民は、他の国の人からは似た者同士に見えるのではないでしょうか。

外見がVWにそっくりなスバル360は非常に興味深い

スバル360

その似て非なるドイツ人と日本人の国民性を象徴してるともいえるのが、両国の主要産業である自動車産業が生み出した名車VWビートルとスバル360ではないでしょうか。巷間ではスバル360はVWを富士重工が参考にして作ったと思われがちですが、スバル360に関する文献や記述を読み、実際にスバル360の開発に携わった技術者の話を聞いてみると、実際にはそういう単純な話ではなかったという事実が浮き彫りになります。

以前、筆者は「幼少期はVWビートルが好きだった」と書いたことがあります。あの愛らしい丸っこいスタイリングはまさに、子供にとっては漫画や絵本に出てくる自動車の絵をそのまま本物にしてしまったようなユーモラスで愛らしい外見で、就学前の筆者はむしろ大人になったらVWタイプ1のカブリオレを愛車にすることを夢見ていたくらいです。

しかし、その一方で気になるクルマがもう一台ありました。それこそ筆者が免許を取って真っ先に愛車として選び、今は軒下でDIYレストアにいそしんでるスバル360です。幼少期の筆者にとって、西ドイツ(当時)の外国車と日本の軽自動車がマークⅡとチェイサー、セドリックとグロリアのように同一自動車メーカーの兄弟車というわけでもるはずがなく、外見がVWにそっくりなスバル360は非常に興味深い、そして不思議な存在でした。

このVWとスバル360、作られた国が全く違うのにそっくりな形をしている、一体その理由はなんなのかという疑問を抱いた瞬間こそ、筆者が自動車の歴史の探求という深淵に足を踏み入れてしまった瞬間なのかもしれません。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事