記事タイトルに偽りなしです。筆者が高校生のころまではVWゴルフが大嫌いでした。そんな筆者は、何故かVWゴルフに乗っています。「なんだ自分の愛車をディスるんだ」。方々からそういわれそうですが、まずはご一読ください。

でもやっぱり、VWゴルフなんて大嫌い?

VW ゴルフ
▲当時、勤めていた企業の社長が所有していたゴルフ4GTIを運転させてもらったことがきっかけとなり、買ってしまったゴルフ5GTI

時はバブル真っ只中。メルセデス・ベンツは、当時の最上級モデルである560SELが飛ぶように売れ、初代セルシオは2年待ち、さらに最上級グレードにあたるC仕様Fパッケージ、本革仕様が最強という時代だったように思います。筆者もそんな洗礼を受けていたのか「大きくて、速くて、パワーがあること」が正義だと信じていました。まだ、運転免許を取得する前の話しです。頭でっかちなのは勘弁してください。

そんな筆者にとって、2.0L未満の排気量と4気筒エンジンを搭載したVWゴルフ(当時はゴルフ2から3にモデルチェンジしつつある時代)なんて買う人間の気持ちが知れないと思っていたのです。VWゴルフの新車を買うくらいなら、マークIIの上級グレードの方が豪華でいいじゃん!そんな風に考えていました。まさにokバブリー・・・。そんな筆者が、都合5台のゴルフを乗り継ぐことになろうとは、このとき夢にも思いませんでした。

現在の愛車はVWディーゼルゲート事件真っ只中に購入

VW ゴルフ
▲現在所有しているゴルフ7。GTIではなく素のモデルですが、不思議と運転が楽しいと感じさせてくれるクルマです

筆者は現在、VWゴルフ7に乗っています。素のゴルフでは真ん中のグレードにあたる、1.2L コンフォートラインをベースにした2015年4月に販売された「ラウンジ」という限定車。購入したのは2015年10月。そうです。VWディーゼルゲート事件が起きた直後です。

担当セールス氏から「例の事件で、買ってから半年でお客様が手放したゴルフ7があるから観に来ませんか?」との連絡を受け、事件のことも気になっていたので足を運んでみたのです。現地に着いてみると、当時のVWディーラーは週末にも関わらず閑散としていました。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事