モーターショーの表舞台は華やかな新型車の発表にあります。しかし、そのディテールやニュース性のない展示車両たちはなかなか紹介する機会がありません。また、ブース内の限られた場所にある展示物なども見逃してしまいがちです。そこで今回は、ジュネーブ・モーターショーのいろいろな裏ネタをランキング形式でご紹介します。

本番前にバタバタしていたブース ベスト3

筆者は今回、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーの取材のため、プレスデイ前日にショー会場を訪れました。取材後に時間があったので会場内の様子を見てみると、まだまだ会場設営の真っ最中。本番前に準備万端のブースから、逆にバタバタの極みのようなところまで各社の様子はさまざま。そんな本番前のブースを混迷の度合いによりランキングしてみました。

ジュネーブモーターショー 2017

第3位:ボディカバーさえしない余裕のメーカー

小さいブースで展示車両も少ないメーカーは、プレスデイ前日の時点で本番と変わらない状態に仕上がっていました。例えばイギリスのディビッド・ブラウン・オートモーティブは、2014年に発表したスピードバック GTを展示していました。このモデルはジャガー XKRをベースにアストンマーティン DB6をイメージしたボディを纏うハンドメイドの高級スポーツカー。車両をボディカバーで覆うこともなく、積極的にクルマを見てもらおうという姿勢です。ショー前日の時点ですべてが整い、何もやることはないという余裕が感じられました。

ジュネーブモーターショー 2017

第2位:本番に向けブースをシャットアウトしてリハーサルを行うメーカー

小メーカーとは対照的に、翌日にワールドプレミアを控えた大メーカーは、本番に向けての準備に余念がありません。写真ではキャデラックの向こう側にあるブースが黒く覆われているのがわかります。これは天井からブース全体を黒い幕で覆っているもので、手前がヒュンダイ、その隣がランボルギーニとポルシェです。このようにブース全体を覆うことで外から新型車が見えないようにしながら、翌日のプレスカンファレンスのリハーサルを行っているのです。もちろん、これらのメーカーは外から様子を伺うことはできませんが、ブース全体からピリピリとした雰囲気が伝わってきます。

ジュネーブモーターショー 2017

こちらが本番の様子。上の写真と見比べてみてください。

ジュネーブモーターショー 2017

第1位:まさかの一夜漬け?驚異の追い上げを見せたマンソリー

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事