外国人同士が集まる場で「日本人だよ」と言うと、大体話すテーマはアニメや食べ物、機械やファッション。様々な分野で日本ってすごいよね!!と褒めてもらえるのはありがたく、そして誇りに思います。

ですが、ドイツ人とは大体衝突するテーマ。そう、クルマです。

「ドイツのクルマは世界一!」「いや、日本だって負けちゃいない!」と言い合いつつも、筆者周りの在独日本人はほぼドイツ車か欧州車に乗っています。かく言う我が家もBMW。やっぱり、ドイツに住むならドイツ車に乗りたいなって思っちゃいますよ…。

そんな中、筆者の住むアパートの大家さんはマツダファン。そして街中でも結構な確率で日本車を見かけます。自国車大好きドイツ人があえて日本車を選ぶ理由って一体なんなのでしょう?

IMG_1997
▲大家さんの愛車マツダMX-5。ロードスター独特のボディの丸みが素敵でたまらないそう

ドイツでの日本車トップシェアは日産

まず総合的にドイツで売られている日本車を見ると、販売台数が一番多いのは日産の72542台。続いてトヨタ71783台、マツダが63310台。その後かなり差が開き、三菱とスズキがそれぞれ約30000台でした。

さらに車種別トップ10はこちら(2016年新車販売台数順:連邦自動車局調べ)

1位:日産 キャスカイ(デュアリス)
2位:トヨタ ヤリス(ヴィッツ)
3位:トヨタ オーリス
4位:マツダ CX-5
5位:三菱 ミラージュ
6位:日産 ミクラ(マーチ)
7位:トヨタ アイゴ
8位:マツダ CX-3
9位:三菱 ASX(RVR)
10位:スズキ ビタヴァ(エスクード)

意外に多い?ドイツの街で見かける日本車たち

数を見るより、せっかくドイツに住んでいるのですから、実際に探してみましょう!勝手にプチ現地調査と題して、筆者の住む小さな街ケルペンで2日間、駐車場や道中で日本車をチェックしてみました。

IMG_1987

上記ランキングだとトヨタが多くランクインしていましたが、街中では日産とマツダが目立ちました。特に日産ノートとミクラ(マーチ)、マツダ6(アテンザ)はかなり多く、それぞれでも3~5台ずつ発見。他にもマツダ プレマシーやMX-5、ホンダ シビック、日産 アルメーラ、ジュークも見かけました。

IMG_1992
▲トヨタ セリカ

IMG_1984
▲ミクラ(マーチ)旧モデルも発見

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事