幼少期から長患いをしてる「貧乏」の影響でルノー カングー+マツダ(ユーノス)ロードスターという2台体制を廃し、NAロードスターのみの1台体制で生きることを決意したのは既報のとおり。そしていざNAのみの生活を始めてみると、草野球道具一式の運搬に勝利し、コストコで爆買いした物資の運搬にもあっけなく大勝利したことは、これまた既報のとおりである。

それにより、もはやわたくしの生活に「カングー的なるもの」はいっさい必要ないことが明らかとなった。ロードスター1台で何だってできるし、どこへでも行ける。

しかしそうなると思考というのはどうしたってラディカルになっていくもので、わたくしの思考も過激化していった。

「なんならロードスター1台体制じゃなく、ポルシェ911の1台体制で生きればいいんじゃね? 今後?」と。

911購入を決意……だが「高い」ということを忘れてた

964YC_3

無論、クルマの居住性・積載性のような点ではNAロードスターよりポルシェ911のほうが(いくばくか)優れており、そしてそもそもポルシェ911は「サーキットとかだけを走る純スポーツカー」ではなく「日常的に使うこともできる超絶スポーツカー」というコンセプトで(たぶん)開発されたクルマであるため、モノの道理から考えればポルシェ911の1台体制というのは何らラディカルではなく、むしろNAロードスター1台体制のほうが急進的だと言えるだろう。

そのことは当然筆者も承知だ。しかし筆者のような貧乏奴があえて911を選び、そしてそれ1台のみにて生活する……という点に、どことなく革命の息吹を感じたのである。

ということで自分はさっそくカーセンサーnet等を駆使して中古ポルシェ911の吟味検討検索に入ったのだが、そこで大きな問題が発覚した。というか、思い出した。

「ポルシェ911は高い」という単純な事実である。

わたくしが一番欲しい空冷のタイプ964は、走行距離短いやつだと1000万円ぐらいするし、6万kmとか7万kmぐらいのやつでも700万~800万円。かといって「最良の911は最新の911! ……でも最新のはさすがに高くて買えないから『次善の911は1コ前の911!』という精神に基づいて先代997を探すか」と思っても、997のメインどころは600万~800万円ぐらい。これまた貧乏奴には厳しい相場だ。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事