ドイツはいよいよ本格的な春が到来し、連日20度前後の気温が続いています。春の天気が変わりやすいのは日本と変わりませんが、湿気が少ないので雨が降ってもそれほど不快ではありません。日没の時間も20時頃ととても遅く、人々も長い長い夕方の時間を広場でおしゃべりしたり、散歩したりしてゆったりと過ごします。

そんな雨上がりの夕方に、鈍い金色を放つ優美なクーペと出会いました。今回ご紹介するのは、ヨーロッパで大成功を収めた1970年代スペシャリティカーの雄、フォード・カプリです。

ヨーロッパ・フォードが生んだ傑作2ドアクーペ

典型的なロングノーズ、ショートデッキのスタイリングに、控えめな大きさの前後の灯火類。雨粒が残る金色のボディの状態も良く、とても美しいコンディションです。写真ではわかりにくいですが、キャラメルカラーの革の内装も美しい状態を保っていました。全長×全幅は4,260mm×1,645mmと、見た目の優美さに比べて思いのほか小柄なボディサイズですね。

フォード・カプリを語る上で外せないのが、ヨーロッパ・フォードの存在です。1903年、ヘンリー・フォードがアメリカに会社を設立すると、早くから販路を世界に広げました。1911年にはイギリス・フォードが、ドイツ・フォードが1931年に設立され、第二次世界大戦を挟んだ後も製造が続けられます。そして1967年、イギリスのロンドンにヨーロッパ・フォードが設立。イギリス・フォードとドイツ・フォードの生産車種の一本化が進められていきます。

ヨーロッパ・フォードの最初の車種として発表されたのが1968年のエスコートで、続いて1969年にデビューしたのが、2ドアクーペのカプリでした。すでにアメリカで大成功を収めていたフォード・マスタングに続け!と言わんばかりの、大きな期待を込められたモデルであったことは間違いありません。メカニズムは既存のフォード車からの流用が多いものの、内装のトリムやエンジンを数多くの種類から選べるオーダーシステムを採用し、幅広いユーザーの心を掴みました。

豊富なエンジン・ラインナップ

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「1970年代欧州スペシャリティカーの雄、フォード・カプリ!優美な外観の武闘派クーペ