去る2月18日、旧くからの友人に誘われて袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された「Classic Porsche Sports Day(以下、クラシックポルシェスポーツデイ)」に行って来た。

筆者の位置付けとしては、友人I氏のチームの監督(誇張あり)兼雑用係(これがメイン)だ。

「クラシックポルシェスポーツデイ」とは?

クラシックポルシェスポーツデイ Classic Porsche Sports Day

主催はとある出版社さん、事務局はとあるショップさんではあるが、まったく閉鎖的な感じもなく、旧いポルシェが好きな人達が集まって、可愛がっている愛車をサーキットで思う存分走らせてあげよう、というイベントだ。

毎年この同じイベントがあったようだが、最近まで930以前が条件で、964以降は出られなかったようだ。しかし今回は、964も出走できるようになっていた。とはいえ、出走車は356からナローが中心で、1974年式以降のクルマの方が少ないという状況であった。

エントリー車の大半が自走で袖ヶ浦サーキットへ

クラシックポルシェスポーツデイ Classic Porsche Sports Day

雑用とは言うものの監督も兼ねていたので、重役出勤が許され、9時前に現地へ到着。既に車検およびドライバーズミーティング(通称ドラミ)は終わっており、作戦会議のタイミングでの到着となった、

出走車を見てみると、ほとんどの車両がナンバー付きであった。そのため、会場である袖ヶ浦サーキット〜自宅やガレージまで自走で帰るというスタイルが主流だ。積車に載せてやってくる「お大名」はほんの数台であり、親近感ありまくりのイベントだ。ピットにモニターを並べたり、ケータリングサービスが来ているようなチームもあったが、その大半は「ピットにトランクの中のものを全部出しました」みたいな状態の方が多かったように思う。

性能差を埋めるため、公正性にも配慮が

クラシックポルシェスポーツデイ

このイベントは、1チーム最大3台までエントリーが可能だ。そしてドライバーも最大3人までと決められている。だから2時間の間、3人で1台のクルマを走らせてもいいし、2人のドライバーが2台のクルマに分かれて交代に走ってもいいのだ。ただし、クルマの性能ごとに交代時のピットストップの時間が0分~4分で設定されており、そこで公平性を保っている。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「これぞオトナの運動会!?「クラシックポルシェスポーツデイ」に行って来た!