品川駅に次世代型交通ターミナルを設置!

2018年10月29日(月)に「第1回 国道15号・品川駅西口駅前広場整備事業計画検討会」が実施された。この検討会は、品川駅西口を中心に「道・駅・まち」が一体となった都市基盤の整備を進めるための事業計画を検討するもの。

国土交通省と民間事業者などが、計画の実現に向けての調整と具体化を図る目的で行なっている。

全体イメージ
全体イメージ

国道15号・品川駅西口駅前広場には、道路上空を活用した未来型の駅前空間に整備される予定だ。「世界の人々が集い交わる未来型の駅前空間」を目指す。

国内外からの来訪客が集い交わる空間(イメージ)
デッキ場を自由に移動できる空間(イメージ)

具体的な施設はこれから検討されるが、「世界最先端」をコンセプトにいくつかのゾーンに分けられる。

1つは「次世代型交通ターミナル」として、常に最先端のモビリティへ接続できるターミナルを配置する。自動運転車などの乗降場を集約したターミナルにする予定。品川駅周辺の商業施設やホテル、観光地への行き来をモビリティを活用してできるようにする。

次世代モビリティの乗降地となるターミナル(イメージ)
次世代モビリティの乗降地となるターミナル(イメージ)

また利用者の導線が交差する部分には、シンボリックな「センターコア」も配置する予定。品川駅の象徴となる空間が形成される。そして、センターコアの南側には利用者が憩う広場の空間や商業施設を配置する。広場は防災拠点としても活用できるようにする。

今後検討会では、具体的な施設計画や構造形式、事業制度、施工計画の検討を進める。

※紹介している画像は将来必要となる機能をイメージしたものであり、整備内容を決定したものではありません。


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 品川駅が生まれ変わる! 道路上空を活用した未来型の駅前に 国土交通省を中心に検討会を実施