長期旅行や大きな荷物でのバス移動で利用している床下トランク。大きさや重量など、だいたいどのくらいまでOKなのでしょうか。手荷物の持ち込みについて、各社の状況を調べてみました。

キャリーバッグ


手荷物・床下トランクに預けられるスーツケースの制限は状況次第

高速・夜行バスの荷物の持ち込みについては、実際のところ乗車時に「入ればOK・入らなそうなら遠慮して」という運用です。荷物と乗客を紐づける番号札などはなく「自己責任でお願いします」という運用もよくあること。荷物の記載はバス会社によって違いますが、各社とも乗車前に厳密に計測などをしているわけではありません。

トランクに預けられるか不安なときは、事前に運行会社へ確認することをおすすめします。


持ち込める手荷物の総重量か総辺の合計(大きさ)の記載がある

どのバス会社も、バス会社が守るべき法令「一般乗合旅客自動車運送事業運送約款」に基づいた形で、ただしあまりガチガチになりすぎない運用をしています。

多くのバス会社が以下の法令に沿った記載をしています。

(1)総重量 10kg
(2)総容積 0.027立方メートル(概ね30cm×30cm×30cm)
(3)長さ 1m


多くのバスが満席に備え「1人1個まで」の記載になっている

多くの会社が「1人1個まで」の記載をしていますが、「原則として」という記載があったり、「あくまで目安でありサイズ超過により積み込みをお断りするものではございません」と記載しているバス会社もあります。(各社の記載例はこのページ下部の表をご覧ください)


2個でもOK! なバス

VIPライナーの以下の便は規定サイズ内の荷物を2個まで預かってくれます。

・グランシアファースト(東京~大阪)
・ロイヤルブルー(東京~大阪)
・VIPライナー101便(東京~大阪)

VIPライナー 手荷物・ペットについて

スーツケース2つまで


2個まで持ち込みOKの場合のルール

ちなみに、WILLER琴平バスでは、以下のルールの記載がありました。

・荷物1個の場合 縦の長さ+横の長さ+高さ=155cm以内の手荷物
・荷物2個の場合 縦の長さ+横の長さ+高さ=合計240cm以内の手荷物


空港発着のリムジンバスは2個までOKな場合も多い

空港と都市部を結ぶリムジンバスは1人2個までOKのバスもあります。

例:
東京空港交通エアポートリムジン
関西国際空港リムジンバス(関西空港交通)
三重交通 四日市~中部国際空港
遠鉄バスe-wing 中部国際空港線
両備高速バス・空港線

「成田シャトル」「東京シャトル」「THEアクセス成田」などの格安バスは「1人1個まで」の記載があります。

空港行きバス


自転車などの場合は別

法令上、無料で預かれる荷物の定義が「自己の身の回り品」「制限以内の手回り品」であり、それを超える以下のものは有料となるのが通常です。自転車、ゴルフ用品、サーフボード、スキー、スノーボードなどは基本的に別料金を支払うことになるか、それを踏まえた運賃の設定になっています。

輪行のルール&輪行できる高速バスまとめ! 旅先でも愛用自転車でサイクリングを楽しみたい人必見
猫はトランク、楽器は座席へ!? 意外に知らない高速バスの荷物持ち込み事情


荷物の個数の制限はなし。総重量や3辺の合計で上限を設けているバス会社一覧

バス会社名 床下トランク収容の記載
阪急高速バス 1人1個限り。長さの総和が1m以内、重さが10kg以内、容積が0.027立方メートル以内
ユタカ交通 縦の長さ+横の長さ+高さ=155cm以内の手荷物 ※2個の場合も、155cm以内
サンシャインエクスプレス 縦、横、高さの合計が1m・重さ10kg以内
小田急シティバス 運送約款では30センチメートル立方まで、長さ1mまでと規定
阪神バス サイズ上限:長さの総和が1m以内、重さが10kg以内、容積が0.027立方メートル以内
下電高速バス(下津井電鉄) トランクスペースが限られているため、大きすぎる荷物はお断りする場合あり。 長さの総和が1m以内・重さ10kg以内・容積が0.027立方メートル以内のものに限る
フットバス(高松エクスプレス) 荷物の重さ10kg、総容積0.3メートル立方(縦30cm×横30cm×高さ30cm)、長さ1m以内の物は、車内(トランクルーム含む)に持ち込み可
西鉄バス 1人の手回品総数のサイズが、総重量30kg、3辺の長さが2m未満
西日本JRバス 縦、横、高さの総和が1m以内
JRバス関東 総重量 10kgまで、総容積 0.027立方メートル(概ね30cm×30cm×30cm)まで、長さ1mまで
JRバス東北 重さ10kg以内、長さ1m以内、総容積が0.027立方メートル以内の大きさに限る
JR東海バス 車内(トランクルーム)に持ち込める荷物の大きさは、縦・横・高さの合計が250cmで、一辺の長さは最大で200cm
JR四国バス 荷物は重さ10kg、総容積0.3メートル立方(縦・横・高さが30cm以内)、長さ1m以内

※本ページに記載の内容は2018年11月時点の情報です。最新のサービス内容は各バス会社のウェブサイトにてご確認ください


1個までと制限あり。かつ総重量や3辺の合計で制限を設けているバス会社一覧

バス会社名 床下トランク収容の記載
さくら観光 旅行用トランクケースサイズ(30cm×50cm×90cm)までのもの1つまで
JAMJAMライナー 3辺の和が120cm、重量10kgまでで1人1個まで
VIPライナー(平成エンタープライズ) 縦、横、高さの合計155cm以内。1人1つまで
青垣観光 たびのすけバス 1人につき1個(3辺の和が120cm)まで
オリオンツアー 原則として1人1個(サイズ/50cm×60cm×120cm以内、重さ/30kgまで)
グレース観光 大きさが縦・横・奥行きを合わせて1.5m以内のもの1つまで
杉崎観光バス 旅行用トランクケースサイズ(30cm×50cm×90cm)までのもの1つまでバスのトランクに積み込みが可能
昌栄交通 旅行用トランクケースサイズ(30cm×50cm×90cm)までのもの1つまでバスのトランクに積み込みが可能
千栄交通 旅行用トランクケースサイズ(30cm×50cm×90cm)までのもの1つまでバスのトランクに積み込みが可能
イーグルバス 縦、横、高さの合計155cm以内のものが1人1つ
近鉄バス トランクルームは限りがあるため、荷物は1人1つまで
両備バス 通常携帯できる荷物で、 縦、 横、 高さの合計が100cm以内、重さ10kg以内のもの1個まで
大阪バス 総重量10kg、総面積0.027立方メートル、 長さ1m(縦、横、高さの総和)以内。 1人あたり、スーツケース大程度の大きさ2個まで
しずてつジャストライン 長さ100cm、重さが10kg、容積が0.027立方メートル以内。スーツケースなどの大きな手荷物は、1人1個程度
南海バス 総重量10kg、総容量0.027立方メートル(概ね30cm×20cm×45cm)、長さ1mまで。
1人1個まで
弘南バス スーツケースなどの収納は満席時に40~60L程度のサイズを積み込みする場合を想定しており、1名につき1つまで ※ただし、あくまで目安であり、サイズ超過により積み込みを断るものでない
ロイヤルエクスプレス トランクで預かれる手荷物は、縦+横+長さの合計が150cm(一辺の最大の長さは70cmまで)以内のものを1人1個まで
アミー号(アミイファクト) 原則として1人1個(サイズ/50cm×60cm×120cm以内、重さ/30kgまで)
国際興業バス トランクルームに収納する手荷物は1人につきキャリーバック程度のもの1つまで
東北急行バス 長さの総和が1m以内、重さが10kg以内、容積は0.3メートル立方(30cm四方)、長さは1m程度以内の荷物を1人1つ
中国JRバス 1人1個(長さの総和が1m以内、重さが10Kg、容積が0.027立方メートル以内)に限る

※本ページに記載の内容は2018年11月時点の情報です。最新のサービス内容は各バス会社のウェブサイトにてご確認ください


バスが満席で売り切れになっていたら要注意

予約したバスが満席の場合、かつ長距離の場合は「キャリーバッグは1個まででお願いします」と言われる可能性が高くなります。なるべく車内持ち込みの手荷物と分散させ、床下トランクへ預ける荷物がひとつで済むようやりくりするのがおすすめです。


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 バス会社別、高速バス乗車時に預けられる手荷物ルールまとめ