あす8日の未明から明け方にかけて、部分月食が起こります。長寿台風5号の影響で記録的な大雨になっている所があり、今後の進路も心配ですが、台風から遠ざかった地域では部分月食が見られそうです。


月食を楽しむには?

8月8日の未明から明け方にかけて、部分月食が起こります。台風5号の影響がなければ日本全国で見られる可能性のあった天体ショーですが、あいにくの天候のため、見られる地域は限られそう・・・
でも九州地方や中国・四国地方の一部の地域でなら見られそうです!
九州支社 松井気象予報士による九州の星空予想はコチラ
そのほか、最新の台風情報・天気予報は、日直予報士でご確認ください!→日直予報士
今回の月食は、南西の空で観測できます。
月の欠け始めは2時22分ごろ
右下に向かって高度を下げながら欠けていきます。
最も大きく欠けるのは3時21分ごろ
その後は次第に欠けた部分が小さくなって、4時19分ごろに元どおりの丸い月に戻ります。
日本では南西に行くほど観測条件が良く、空が暗く・月の高度が高い状態で、月食を見ることができます。(つまり、北海道よりも九州のほうが観測しやすいということになります)
台風5号から遠ざかった九州地方などでは、雲が少なめできれいな星空とともに月食が楽しめそうです。
中国や四国地方でも、場所によっては月食を楽しめる可能性があります。
tenki.jpの星空指数も参考にしてみてください。
夜更かしさんも早起きさんも・・・台風一過の月食観測にぜひチャレンジしてみてくださいね。
ただし、これから台風5号の影響を受ける可能性がある地域では、大雨・暴風への備えをしっかり行い、安全な屋内で過ごすようにしましょう。

今夜の星空指数(全国)

今夜の星空指数(全国)