あす20日(金・春分の日)は北海道や東北を中心に荒れた天気。交通機関に影響が出るおそれがあります。関東から九州は広く晴れるでしょう。この先の最高気温は平年より気温の高い日が多く、関東に続き、西日本からも桜の開花の便りが届きそうです。

●3連休 春分の日は大荒れに

あす20日(金・春分の日)は低気圧が発達しながら北海道付近を通過するでしょう。北海道や東北を中心に西よりの風が強まり、非常に強く吹く所もありそうです。21日(土)にかけて風の強い状態が続くでしょう。交通機関の乱れにご注意ください。九州から関東は21日(土)にかけておおむね晴れますが、次第に西から前線が近づき、22日(日)は曇りや雨となりそうです。

●連休明けの天気

3連休明け23日(月)から24日(火)は太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。ただ、晴れの天気は長くは続かず、25日(水)から26日(木)は西日本では曇りや雨となりそうです。

●この先も暖かさ続く 開花の便りも続々と

最高気温はあす20日(金・春分の日)以降も平年並みか平年より高い状態が続きそうです。特にこの3連休は平年より大幅に高く、九州から東北は15度以上の所が多くなるでしょう。既に、東京、横浜、熊谷ではソメイヨシノが開花しましたが、3連休から来週にかけて、西日本からも桜の開花の便りが続々と届きそうです。また、14日(土)に開花となった東京の桜ですが、暖かさで桜の開花が進み、23日(月)頃には満開を迎えそうです。