今日(18日)の道内は気温が上がり、最高気温は4月上旬から中旬並みの所が多くなりました。あすはさらに暖かくなり、道内の広い範囲で10度を超えるでしょう。4月中旬から下旬並みの陽気となる所が多くなりそうです。

●18日の道内 ぽかぽか陽気の所も

北海道付近は日本海方面から張り出す高気圧に覆われ、日中は各地で青空が広がりました。また北海道上空1500メートル付近には、平年より5度前後高い、4月下旬並みの暖かい空気が流れ込んでいます。
この暖かな日差しのもと気温は上昇し、午後3時までの最高気温は、道内の広い範囲で4月上旬から中旬並みの陽気となりました。苫小牧では11.5度まで上がり、今年一番の陽気となりました。
雪の積もった屋根からは水が滴り、排水溝にも路肩の雪解け水が流れ込む様子が見られました。

●19日はさらに気温上昇 ただし天気は下り坂

明日(19日)はさらに気温が上がります。北海道付近には暖かい南風が入り、上空にはさらに暖かい5月上旬並みの空気が流れ込むでしょう。
最高気温は道内の広い範囲で10度を超え、道南の一部では15度近くまで上がる所がありそうです。4月中旬から下旬並みの陽気となり、札幌や函館などでは今年一番の暖かさとなるでしょう。雪割りなど、屋外での作業の際は軽く汗ばむかもしれません。
しかし天気は下り坂です。南西部では午後から雲が広がり、夜には雨の降りだすところがあるでしょう。風も海岸部を中心に次第に強まってくる見込みです。なお明後日は荒れた天気となる恐れがありますので、気象情報などに留意してください。