台風28号は非常に強い勢力に発達し、2日から3日頃にフィリピンに直撃する恐れがあります。台風28号の東には熱帯低気圧もあります。

●非常に強い勢力でフィリピンへ

30日、正午現在、強い台風28号はフィリピンの東を西へ進んでいます。南の海上の海面水温はまだ27度以上と高く、台風の発達しやすい状況となっています。台風28号は1日にも非常に強い勢力になる予想です。2日から3日にかけて非常に強い勢力で暴風域を伴ったままフィリピンに直撃する予想です。未だ台風シーズンのフィリピンでは過去にも12月に同じような勢力の台風が影響を与えたことはありますが、警戒が必要な状況です。渡航を計画されている方は空の便への影響などにご注意下さい。

●熱帯低気圧も

台風28号の東には別のまとまった雲があります。台風のたまごともいえる熱帯低気圧の雲です。まだ、この熱帯低気圧が台風になるかはっきりしませんが、12月でも台風が発生することは珍しくはありません。
なお、1951年の統計開始以降で台風が12月に日本に上陸したことはありませんが、沖縄などに接近(いずれかの気象官署等から300 km以内に入る)したことは少ないながらもあります。