日本付近に寒気が南下中。30日(土)にかけて、関東の上空に真冬の寒気が流れ込む。東京都心でも霜がおりるほどの冷え込みに。12月3日(火)から、次の寒気が南下。

●あす29日(金) 関東の上空に真冬の寒気

29日(金)は、日本付近は冬型の気圧配置になるでしょう。上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が、関東付近まで流れ込む見込みです。館野の上空で真冬並みの気温です。
【天気】北海道や東北には、日本海から雪雲が流れ込むでしょう。北陸にも、雪雲や雨雲がかかる見込みです。近畿の日本海側は、朝晩は一時的に雨や雪が降る所があるでしょう。日中は晴れ間が出る見込みです。中国地方は山陰を中心に雲が広がり、昼過ぎから夕方は、にわか雨があるでしょう。九州北部は、福岡や佐賀など、対馬海峡沿岸の地域を中心に雲が広がる見込みです。
関東や東海、近畿の太平洋側、四国、九州南部は、大体晴れるでしょう。ただ、関東の山では、夕方以降、雪が降る所がある見込みです。
【気温】最低気温は、北海道や東北北部ばかりでなく、東北南部や関東北部でも0度を下回る所があるでしょう。東京都心では5度を下回り、今季最も低くなる見込みです。霜がおりるほどの冷え込みです。最高気温は、全国的に平年より低い見込みです。関東では10度くらいと、年末年始の頃の寒さでしょう。十分に暖かくしてお過ごし下さい。

●あさって30日(土) この時期らしい寒さ続く

30日(土)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。北海道や東北の日本海側の雪は次第に止むでしょう。北陸も天気は回復へ向かいます。北海道から九州にかけて、晴れ間が出る所が多い見込みです。朝は広く前日(29日)と同じくらいの冷え込みとなり、日中もこの時期らしい寒さの所が多いでしょう。

●12月1日(日)以降の天気 次の寒気が南下

12月1日(日)は、高気圧は、日本の東に中心を移す見込みです。気圧の谷が西から近づき、2日(月)にかけて日本列島を通過するでしょう。気圧の谷が通過する前は、南から暖かい空気が流れ込み、通過後は、大陸から冷たい空気が流れ込みます。今のところ予想される寒気の流れ込みは、ゆっくりで、5日(木)にかけて上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が入るのは、東北までです。
1日は、北海道や東北北部を中心に雨が降る見込みです。北海道の山沿いでは雪やみぞれとなるでしょう。朝は、この時期らしい冷え込みになる所が多い見込みです。日中は、全国的に師走らしい寒さはないでしょう。とはいえ、今月24日(日)頃のような季節外れの暖かさにはならない見込みです。
2日は、北海道では平地でも広く雪が降るでしょう。東北から九州にかけては、雨が降る見込みです。降り続く雨ではありませんが、ザっと強く降ることがあるでしょう。この雨や雪のあとは、日ごとに寒くなります。3日以降は、北海道や東北、北陸に、日本海から雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。来週の中頃は、全国的に師走らしい寒さになる見込みです。
寒気の流れ込みの予想は、まだ幅が大きいため、雪の降る地域や気温は、今後、変わる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。