向こう一週間の九州は、あす木曜日と日曜日の雨のあと冬型気圧配置となり寒気が流れ込むでしょう。特に、来週前半はこの時季としては強い寒気が流れ込み、九州の高い山では雪がちらつく可能性があるでしょう。

●天気が周期変化

向こう一週間の九州は天気が周期的に変わります。前線通過・冬型気圧配置・移動性高気圧、という周期を繰り返します。あす木曜日は冬型気圧配置となり北風が冷たくなるでしょう。金曜日から土曜日は大体晴れる見込みです。日曜日は前線が通過するため天気が崩れ、雨が降るでしょう。月曜日以降は強い冬型気圧配置となり、九州の高い山では雪がちらつくほどの寒さになる見込みです。季節が一気に進むでしょう。

●来週前半はクリスマスの頃の寒さ

天気の変化に伴い、気温の変化が大きくなります。週末はいったん気温が上がりますが、来週月曜日以降は寒気の流れ込みで、気温がどんどん下がります。そして、来週火曜日から水曜日は強い寒気の流れ込みで、クリスマスの頃の寒さとなる見込みです。九州では、これまで季節の進みが遅れていましたが、師走に入り冬らしい寒さの日が増えてくるでしょう。

●本格的な冬の備えを

来週は本格的な冬の寒さとなり、九州の高い山では雪が降る可能性があります。特に、車で山道を走ったり峠道を越えるような方は、冬物タイヤへの取り換えや、チェーンの用意などをしておくと良さそうです。また、ダウンジャケットなどの冬物衣類や暖房器具の用意、灯油の買い出しなど、本格的な冬支度がまだの方も早めにしておきましょう。