大型で猛烈な台風19号は12日(土)に東海や関東に上陸の恐れ。首都圏だけでなく、四国から東北にかけて広く猛烈な風や非常に激しい雨の降る恐れがあります。

●猛烈な風の恐れ

台風19号は午後3時現在も大型で猛烈な勢力を維持しています。12日(土)午後には非常に強い勢力で東海や関東に上陸し、広く大荒れの天気となる恐れがあります。
上の図は台風が日本に影響している間に最大瞬間風速が30m/s以上となる確率をエリア別に示したものです(9日午後9時に計算)。このような風が吹くと、停電や交通機関が大きく乱れる可能性がありますが、台風が上陸すると予想される東海や関東だけでなく、四国や近畿から東北にかけて広く吹く恐れがあり、警戒が必要です。
四国から関東では11日(金)午後から風が強まり、12日(土)の午後から13日(日)の午前中は30メートルどころか瞬間的には50メートル以上の猛烈な風吹く恐れもあります。13日(日)には東北でも猛烈な風が吹き荒れる可能性があります。この猛烈な風とは特急電車並みの速度で、走行中のトラックが横転してしまったり、電柱や街灯で倒れるものがあるほどの風です。屋外での行動は危険になります。
また、海上は猛烈なしけとなるため、海岸付近には近づかないようにして下さい。潮位の高い時期のため、高潮にも注意が必要です。

●非常に激しい雨の恐れ

警戒が必要なのは暴風だけではありません。湿った空気の影響で、四国や近畿、東海、関東では11日(金)午後から非常に激しい雨の降る所があるでしょう。12日(土)から13日(日)は台風本体の活発な雨雲がかかり、近畿から東北にかけて大雨となる恐れがあります。特に紀伊半島や東海、関東、東北では記録的な大雨となる恐れもあり、土砂災害や河川の氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。
大荒れのピークが12日(土)の夜と夜間のため、自治体から出される避難情報に注意し、明るいうちの避難を心がけて下さい。停電に備えて、懐中電灯や非常食、飲料水を準備しておきましょう。スマートフォンなどもあらかじめ充電しておくようにして下さい。