台風19号は「大型」で「猛烈」な勢力を維持。週末は関東・東海で大荒れに厳戒態勢を!

●台風19号 現在の状況

台風19号は8日午後3時現在、マリアナ諸島にあって、1時間におよそ25キロの速さで北西へ進んでます。中心の気圧は915hPa。中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径220キロの範囲では風速25メートル以上の暴風が、中心から東側800キロと西側440キロの範囲では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

●予想進路(午後3時最新)

今後も北西方向へ進み、10日(木)には、小笠原諸島の南西の海上に達する見込みです。その後も北寄りに進んで、北緯30度を超えたあたりで上空の偏西風に流されます。このため、日本に近づくころに進路を東よりに変え、12日(土)の午後から13日(日)の午前にかけて東日本に接近する可能性が出てきました。

●台風19号 警戒期間(8日午後4時発表)

真っ先に影響が出るのが、小笠原諸島です。台風の北上に伴いあす9日(水)の昼頃から次第に雨や風が強まるでしょう。海上ではうねりを伴って波の高さが最大7mと大しけとなりそうです。沖縄でもうねりが入り、大東島地方の沿岸の海域では10日(木)は大しけとなる見込みですので、高波に警戒が必要です。その後、台風の影響は日本列島に伝播してきます。
上図に台風19号の警戒期間をまとめました。11日(金)には西日本と東日本の太平洋側では波が高くなり、警報クラスの高波になる可能性があります。3連休初日の12日(土)は東海や関東、北陸など主に東日本を中心に雨や風が強まり、天気が大きく荒れる恐れがあります。連休初日ということもあり、行楽地などへ多くの方が移動されるかと思いますが、交通機関が大きく乱れる可能性があります。13日(日)は東海や関東、北陸に加え、東北でも雨や風の影響が大きく出てくる予想です。
◆台風19号は発生当初によりも急速に発達していて、進路や影響の範囲が東にシフトしつつあります。今後も台風情報は最新のものを随時ご確認ください。