太平洋高気圧が本州付近に張り出し、ようやく梅雨明けに向かい、この先は広い範囲で夏空が広がりそうです。ただ、南に目を向けると熱帯低気圧が発生、コースによっては週末頃に関東付近に接近する可能性があります。この熱帯低気圧の動きによって、週末頃の天気が左右されそうです。

●あすの天気 猛烈な暑さに警戒

あす25日(木)も本州付近は湿った空気の影響を受けるでしょう。九州から北海道は雲が多いものの、時折り強い日差しが届きます。所々で激しい雨や雷雨が予想されますが、山沿いや内陸部の一部に限られそうです。沖縄は大体晴れるでしょう。最高気温は全国的に30度くらいで、西日本を中心に35度に迫る所もありそうです。

●あさって以降の天気 夏本番へ

この先は太平洋高気圧が本州付近に張り出し、だんだんと晴れマークの所が増えてきます。今週末頃にかけて梅雨明けラッシュとなり、来週は広い範囲で夏空が広がるでしょう。梅雨明け後は、連日強い日差しが照りつけ、最高気温は全国的に30度以上となる日が多い予想です。7月前半に記録的な低温となった関東などは、一気に夏本番となります。なお、梅雨明け直後は、熱中症で搬送される方が急増する傾向もあります。体調管理にはくれぐれも、お気を付け下さい。

●熱帯低気圧発生 コース次第で関東に

ただ、日本の南に目を向けると、発達した雲の塊があり、急速にその範囲が広がっています。けさ6時に熱帯低気圧として解析され、今後は次第に北上する予想です。コースの予想にはまだ幅がありますが、今のところ週末頃に関東付近に接近する予想です。台風に発達するかは不確定ですが、発達の仕方によっては台風となることも否定できません。また、関東を中心に週末頃の予報が変わる可能性もあります。今週末は各地で花火大会なども予定されており、熱帯低気圧の今後の動向に注意が必要です。