きょう9日(火)は、湿った空気や寒気の影響で、広い範囲で雨や雷雨があるでしょう。関東も、シトシトとした雨でなく、急にザッと降る所もありそうです。急な強い雨や落雷に注意が必要です。

●きょうの天気 広く雨や雷雨に

きょうは、沖縄と九州から関東にかけて雲が多く、所々で雨や雷雨があるでしょう。バケツをひっくり返したように降ることもあるため、落雷や突風だけでなく、土砂災害や川の増水にも注意、警戒が必要です。日本海側の地域を中心に日差しの出る所もありますが、空模様の変化にご注意下さい。東北は太平洋側を中心に雲が広がり、午後は局地的に傘の出番でしょう。北海道は昼頃にかけて濃い霧の出る所がありますが、日中は広く晴れる見込みです。

●関東甲信も局地的にザッと降る

シトシトと降る雨が多かった関東甲信ですが、きょうは急にザッと降る所がありそうです。これは、東からの冷たく湿った空気の影響だけでなく、上空の寒気の通過が重なって大気の状態が不安定となるためです。このため、局地的に積乱雲が発達し、雨や雷雨となる可能性があります。

●きょうの気温 この時期としては低い

最高気温はきのうと同じくらいか、低くなる所が多いでしょう。九州から近畿は28度前後、東海や関東は24度前後の所が多いでしょう。関東は気温の低い状態が続き、暑さはなさそうです。東北や北海道は、太平洋側は冷たい東風が流れ込むため22度くらいにとどまる一方、山越えの風が吹き下ろす日本海側では30度くらいとなる所があるでしょう。