気象庁は、北日本と東日本の太平洋側の日照不足と低温に関する全般気象情報を発表。

●日照不足と低温

北日本や東日本の太平洋側では、6月28日頃から、梅雨前線やオホーツク海高気圧から吹き出す湿った空気の影響で、日照時間が少なく、気温は平年に比べて低い状態が続いています。日照時間は、平年の50%を下回っている所があります。
日照時間が少ない状態と気温が低い状態は、今後、2週間程度は続く見込みです。気温がかなり低くなる所もあるでしょう。農作物の管理等に十分注意して下さい。