南西諸島や西日本ではすでにきのうの降り始めから100ミリを超える大雨になっています。この週末は「梅雨の嵐」が日本列島を直撃!ポイントは大雨⇒暴風⇒雷雨のサイクルとなりそうです。荒れた天気で、各方面に影響のでる恐れも。

●大雨と雷及び突風に関する全般気象情報

東シナ海に前線を伴った低気圧があり、東寄りに進んでいます。低気圧は発達しながらあす15日、あさって16日にかけて本州付近を通過し、全国的に大気の状態が不安定になります。
◆大雨・雷・突風
西日本と東日本では、あす15日は局地的に雷を伴い1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見通しです。特に、西日本と東日本の太平洋側の南東斜面を中心に総雨量が多くなる見込みです。
15日18時までに予想される24時間雨量は多い所で、四国で250ミリ、東海で200ミリ、関東甲信、近畿、中国地方、九州北部地方、九州南部で150ミリ、伊豆諸島で120ミリです。さらにその後も雨は降り続き、平年の6月一か月分の雨量に迫るくらいの大雨の所もありそうです。
◆暴風・高波
低気圧の北上に伴って、あす15日は北日本から西日本の広範囲で強風が吹き、しけるでしょう。16日日曜日は北陸地方や北日本で大荒れの天気となる恐れがあります。

●防災上の注意警戒点

大雨による土砂災害、低地浸水、川の増水に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に十分な注意が必要です。
また、北陸と東北、北海道は暴風や高波にも警戒が必要です。