きょう10日(月)の本州付近は、日本の南の低気圧や湿った空気の影響を受けます。このため、広く大気の状態が不安定に。また、沖縄は梅雨前線の影響で大雨となるおそれがあります。

●きょうの天気 大気の状態不安定 東日本は梅雨空続く

きょうは九州や中国、四国、北海道は多くの所で日差しがありますが、所々で急な雨や雷雨があるでしょう。晴れていても、折り畳みの傘があると安心です。近畿から東海は雨が降ったりやんだりで、時折り雷を伴ってザッと降るでしょう。梅雨空の関東も、きのうのようなシトシトと降る雨が続くのではなく、きょうは雨脚の強まることがありそうです。特にお帰りの時間帯は、落雷にも注意が必要です。

●沖縄は大雨のおそれ

梅雨前線が停滞している沖縄は、きょうも大雨となるおそれがあります。あす11日(火)の明け方までの24時間に予想される雨量は、沖縄本島地方の多い所で100ミリです。土砂災害などに警戒が必要です。また、あすも梅雨前線の活動の程度によっては大雨が続く可能性があります。引き続き、最新の気象情報にご注意下さい。

●きょうの気温 東日本は梅雨寒続く

きょうの最高気温は、九州から近畿は25度前後で汗ばむ陽気でしょう。東海や北陸、関東は、東からの冷たく湿った空気の影響で20度前後と、梅雨寒が続きそうです。日中も羽織る物が必要でしょう。東北や北海道も20度前後の所が多い見込みです。