本日13日(月)、沖縄県の与那国町では50年に一度の記録的な大雨となっている所があります。土砂災害に厳重な警戒が必要です。

●与那国空港は3時間雨量が250ミリ超え

湿った空気が流れ込んでいる影響で、沖縄県の八重山地方では局地的に雨雲が発達し、今朝は断続的に猛烈な雨を観測しています。与那国町では50年に一度の記録的な大雨となっている所があります。午前6時40分には約100ミリ、午前7時30分には約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、それぞれ「記録的短時間大雨情報」が発表されました。午前8時40分までの3時間雨量は、与那国空港で250ミリを超え(与那国空港における、観測史上1位の値を更新)、与那国島も200ミリを超えています(与那国島における5月としての1位の値を更新)。
与那国島町には大雨警報と洪水警報が発表されているほか、土砂災害警戒情報も発表されています。降り続く大雨により、地盤の緩んでいる所があります。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市から発表される避難勧告等の情報に注意して下さい。