向こう1週間の関東は、雲が舞台中央に躍り出る。スッキリと晴れるのは、あす10日だけ。初夏らしい陽気の日が多い見込み。

●あすは貴重な青空

あす10日(金)の関東は、晴天になる見込みです。移動性高気圧が関東付近を通過するため、青空が広がるでしょう。朝の気温は、けさと同じか2度前後低い所が多くなりますが、日中はきょうよりも高くなりそうです。10日の都心の予想最高気温は27度。こどもの日(5月5日)以来、今年4度目の夏日(最高気温が25度以上)になりそうです。気温が高めでも、空気が乾燥しますので、からりとした暑さになるでしょう。ここで気を付けたいのが水分補給。今頃の時期は、私たちの身体が、まだ暑さに慣れていないため、汗をかいて身体の水分を失っていても、快適さの方に気を取られて水分補給を忘れがちに。思わぬ熱中症が潜んでいます。適度に水分やミネラルを補いましょう。

●週末からは雲が多く雨も

あさって11日(土)は、日本の南を低気圧が進むため、南部ほど雲が広がりやすいでしょう。夜は南部を中心に雨の降る所がありそうです。その後は、前線が本州の南に現れやすくなりそうです。晴天をもたらすはずの高気圧が、中心を北に移すため、スッキリとした晴天にはなりにくいでしょう。雲が舞台中央に登場です。曇り空の日が多くなって、雨が降る日もある見込みです。田んぼでは田植えが終わり、畑では苗の植え付けや種まき真っ盛りの頃ですから、恵みの雨になりそうです。
気温は平年並みの日が多くなるでしょう。この時期らしい陽気で、吹く風が心地よい日々と言えそうです。