きょう13日(土)は、九州から北海道にかけて日差しがたっぷり届いています。北海道では、正午までに今年最も高い気温を観測している所があり、札幌や小樽では15度を超えました。

きょう13日(土)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われています。九州から北海道にかけて日差しが届き、気温がグングンと上がっています。北海道では、正午までの最高気温は札幌で15度6分、小樽で15度4分と、15度を超えました。そのほか、旭川で13度2分、夕張で12度4分、根室で11度3分と、いずれも午前中に今年最も高い気温を観測しています。
正午の気温は、札幌で15度2分、仙台で14度5分、東京都心で16度0分、大阪で15度6分、福岡で17度8分となっています。東京都心では、きのう(12日)の正午と比べると5度以上高くなっています。

午後も各地で暖かな日差しが届くでしょう。ただ、九州や四国、近畿の太平洋側では、雲が広がる所がありそうです。九州では夕方以降に雨が降る所があるでしょう。