記録的な暖かさは一転、大陸からは強い寒気が吹き出しつつあります。週末頃からは体感がガラッと変わるため、体調を崩さないよう、しっかりとした対策が必要です。

●あすの天気 2つの低気圧通過

あす6日(木)は、2つの低気圧が本州付近に近づきます。このため、西から次第に雨が降り出すでしょう。九州は朝から、中国や四国から東北も昼前後から傘の出番となりそうです。北海道は太平洋側を中心にはじめ晴れますが、夜は広く雪や雨となるでしょう。

●あすの気温 関東以北は師走の寒さ

あすは、北日本や北陸だけでなく、関東にも冷たい空気が流れ込みそうです。北海道や東北は日中も10度以下の所が多いでしょう。関東も季節外れの暖かさはなくなり、予想最高気温は多くの所で11度前後。日中も本格的な冬の装いが必要となります。東海から九州も気温は下がり、最高気温は15度前後でしょう。雨が降るため、体感的にはさらに寒く感じられそうです。

●あさって以降の天気 週末は「降雪ライン」南下

7日(金)は二十四節気の「大雪(たいせつ)」です。暦の上では大雪の降り出す頃で九州などでも氷の張る季節ですが、実際にも一つの区切りとなりそうです。7日は関東を中心に再び暖かくなる見込みですが、8日(土)以降は全国的に本格的な冬モードとなるでしょう。特に8日は、降雪の目安とされる「上空1500メートル付近でマイナス6度以下」の寒気が、西日本まで南下する予想です。このため、土日は、北海道の広い範囲で最高気温が0度未満の真冬日となるでしょう。また、関東から九州も、太平洋側を中心に日が差す割には最高気温が広く10度以下の予想で、真冬並みの寒さとなる所もありそうです。気温の変化が激しいため、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。