大型で強い台風25号は沖縄の南海上を北上しています。台風25号は今後も強い勢力を保ちながら北上し、今夜(4日)は沖縄付近を通過し、あす(5日)は東シナ海をやや速度を速めながら北へ進み、九州に近づいてくるでしょう。九州はあす(5日)から暴風や高波などに警戒が必要です。

●九州南部 あす(5日)から警戒

大型で強い台風25号は、あす(5日)は東シナ海を北上し、九州南部に近づいてきます。台風が予報円の中心を通った場合、九州南部への台風25号の最接近はあす(5日)夜遅くから6日(土)午前中にかけての見込みです。
あす(5日)の鹿児島県は、種子島・屋久島地方は夕方から、薩摩地方の沿岸海域は夜のはじめ頃から最大風速20メートルの非常に強い風が吹くおそれがあります。鹿児島県の種子島・屋久島地方の沿岸海域や薩摩地方の沿岸海域では、あす(5日)は大シケとなり、波の高さは7~8メートルに達する見込みです。
また、九州南部には活発な雨雲がかかるため、これからあさって(6日)夕方にかけての2日間に降る雨量は多い所で300ミリを超えるおそれがあります。
九州南部は暴風やうねりを伴った高波、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫、土砂災害に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

●九州北部 特にあさって(6日) 警戒

大型で強い台風25号は、6日(土)に九州の西海上から対馬海峡付近を通り、日本海へ進む見込みです。九州北部への台風25号の最接近は予報円の中心を通ると、6日(土)の午前中になるでしょう。
このため、あす(5日)の九州北部は早い所で、昼前にも風速15メートル以上の強風域に入り始め、夜には広い範囲が強風域に入る見込みです。豊後水道はあす(5日)明け方からうねりを伴ったシケとなり、九州西海上はあす(5日)夕方にはうねりを伴った大シケとなり、波の高さは8メートルに達するでしょう。台風の北上に伴い対馬海峡沿岸は6日(土)午前中を中心に風速25メートル以上の暴風域に入る所がある見込みです。
また、台風の中心付近を取り巻く活発な雲などがかかるおそれがあるため、雨の降り方にも警戒が必要です。これからあさって(6日)夕方までの2日間に降る雨量は多い所で300ミリ前後に達するおそれがあります。
九州北部は暴風やうねりを伴った高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風、高潮にもご注意ください。