桜が終わると新緑の季節。きょうのように晴れた日は、青空が透けて見えるようなまぶしい街路樹の緑。でも晴天が長く続かないのが春の空。この先の傾向は。

●あす13日の天気と気温

日本付近は、大陸からやって来る乾いた高気圧に広く覆われるでしょう。沖縄は、高気圧の中心から離れて前線の影響を受けやすい見込みです。北海道から九州まで晴れる所が多い見込みです。東北の日本海側と新潟は、冷たい空気の影響が残って、午前中雨か雪の降る所があるでしょう。沖縄は晴れる所もありますが雲が多く、本島から八重山諸島では明け方まで雨や雷雨がありそうです。

●あさって14日からは

気象予報士の業界には「春に三日の晴れなし・・」というコトワザがあります。これは春の天気が、3日前後の周期で低気圧・高気圧が日本列島を交互に通過しやすいことを言い現した言葉です。つまり晴天は3日と続かず、3日目くらいには曇りや雨(時には雪も)になる事を意味しています。
さて、きょうの晴天はあすまでで、14日土曜から15日日曜は、低気圧が日本付近を通過する見通しです。日本海を発達しながら東に進む可能性が高いため、またまた春の嵐になるおそれがあります。九州から近畿では14日日中から夜にかけて、東海や関東は14日から15日日中にかけて、東北から北海道は14日夜から15日夜にかけて、雨と風に要注意です。tenki.jp日直予報士では、最新の情報で天気の変化をお知らせしますので、是非ご注目下さい。この2日間のポイントは、雨と風、落雷、突風、高波です。16日月曜から17日火曜は高気圧におおわれて概ね晴れ。18日水曜から19日木曜は、次の低気圧が近づき曇りや雨に。
この先の1週間は「春に三日の晴れなし」です。