週の中ごろと週末に低気圧が日本付近を通過。11日(水)は北海道や東北の日本海側、北陸を中心に荒れた天気。14日(土)から15日(日)頃は全国的に荒れた天気で、大荒れとなる所も。

●あすの天気

低気圧が日本海を発達しながら北東へ進む見込みです。この低気圧から延びる寒冷前線が北海道や本州付近を通過するでしょう。全国的に南風が吹きやすく、北海道や東北の日本海側、北陸を中心に荒れた天気になるおそれがあります。
北海道や東北北部、北陸は昼頃から夕方を中心に雨や雷雨でしょう。東北南部も雲が広がり、午後は雨が降る時間帯がありそうです。関東甲信も雲が多く、スッキリしない天気です。朝晩を中心に所々で雨が降るでしょう。東海も曇り空で、午後は広く雨が降り、雷が鳴る所も。近畿、中国地方も雲に覆われて、午後を中心に雨や雷雨となりそうです。四国も雲が広がり、午後は太平洋側を中心に雨が降り、雷が鳴る所があるでしょう。九州は晴れ間も出ますが、昼前後は雨が降る見込みです。南西諸島付近も南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定。沖縄は晴れたり曇ったりで雨や雷雨がありそうです。
前線や低気圧に向って暖かい空気が流れ込みます。最高気温は全国的に4月下旬から5月並みの所が多いでしょう。アメダス地点のおよそ半数で20度を超える見込みです。

●あさって以降の週間天気

12日(木)頃は大陸から高気圧が張り出してくるでしょう。寒気が入る北海道や東北の日本海側は雨や雪の降る所がありますが、太平洋側や関東から九州は大体晴れる見込みです。関東から九州は暖かい空気に覆われたままで日差しがたっぷり届くため、気温は更に上がるでしょう。最高気温が25度以上の夏日になる所もでてきそうです。
週末にかけては天気は下り坂へ向かいます。14日(土)から15日(日)頃は再び前線を伴った低気圧が日本付近を通過。全国的に雨が降り、南風が強め吹くでしょう。低気圧の発達の程度によっては大荒れとなる所もありそうです。
前線や低気圧の通過後は、大陸の高気圧が本州付近まで移動してきます。来週の初めは各地とも晴れる見込みです。この時期らしい気温に戻るでしょう。