札幌では昨日(4日)は、最高気温が10度2分まで上がりました。今年初めて二桁の気温で、今年最も高い最高気温となりました。今日(5日)は正午現在、氷点下0度9分と、昨日より8度位と大幅に低くなっています。今日この後も、ほとんど上がらないでしょう。また、北海道ではこの先1週間は、気温の変動が大きく乱高下する見込みです。体調を崩さないように注意して下さい。

今日の道内は正午現在、気温が1度から氷点下5度位の所が多くなっています。予想最高気温は0度前後と、ほぼ平年並みの気温ですが、昨日と比べると7度位低い所が多く、札幌やオホーツク海側の各地は、10度ほど低くなります。人間は体温をほぼ一定に保っていますが、気温が一定なら体内環境を調整するエネルギーは少ないものの、気温の差が大きく、急に寒くなると、熱を作るためにエネルギーを使い、疲労が蓄積するといいます。そのため、日々の気温の変動が大きくなると、体調を崩しやすくなります。北海道では水曜日頃までは気温は平年並みか低いですが、木曜日頃からは日中は平年より高い日が多くなります。寒さは緩みますが、体調管理に注意して下さい。