今日(9日)午前中の道内は、旭川など日本海側の一部や函館方面で弱い雪が降った他は、東部を中心に広く晴れました。午後は雪雲は解消し、広く日差しが出る見込みです。道内は、1週間ぶりに穏やかな天気となるでしょう。

●冬のイベントにも良い日和

今日の道内は高気圧に覆われます。日本海側で曇る所はありますが、天気の大きな崩れはないでしょう。
北海道では、「第69回2018さっぽろ雪まつり」や「第59回旭川冬まつり」など各地で冬のイベントが行われています。今日はイベントに出かけるにも良い日和となる見込みです。
日中はプラスの気温となる所が多いですが、夜は氷点下の気温となり、路面状況が変わりやすくなります。足元に十分注意してお出かけ下さい。

●3連休は大荒れの天気の日も

明日(10日)は日本海から低気圧が近づきます。南から暖かい空気が流れ込むため気温が上がり、広く湿った雪や雨が降るでしょう。道路には至る所に大きな水たまりができ、積雪の多い所では冠水などの恐れがあります。外出には傘や長靴などが必要です。
日曜日(11日)から月曜日(12日)にかけては、低気圧がオホーツク海で発達し、北海道付近は強い冬型の気圧配置となります。日曜日の午後から風が強まり、宗谷や留萌地方、石狩北部など日本海側を中心に大荒れの天気となるでしょう。見通しがきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要です。
3連休のお出かけは、最新の気象情報や交通情報をご確認ください。