日本海側の雪は9日(金)にかけて次第に小康状態に。ただ、三連休は全国的に天気が崩れるでしょう。南からは暖気が入り、全国的に気温が上昇。しばらく最高気温が10度に届かなかった所でもようやく厳しい寒さから解放されそう。しかし、これも一時的。その後、厳しい寒さが戻るでしょう。

●あすの天気

あす8日(木)は冬型の気圧配置が次第に緩み、西から高気圧に覆われるでしょう。九州や山陰の雪は午前中にはやむ見込みです。次第に晴れる所もあるでしょう。ただ、北陸から北海道の日本海側は断続的に雪が降る見込みです。さらに積雪が増える所もありますので、引き続き大雪による交通障害に警戒してください。太平洋側は晴れる所が多いですが、気温は低く、空気はカラカラ。インフルエンザなどの感染症が蔓延しやすくなりますので、手洗い、うがいをしっかりしてお過ごしください。

●あさって以降の週間天気

<天気>
あさって9日(金)は日本付近は高気圧に覆われるでしょう。北海道や東北の日本海側では雪の降る所がありますが、その他は太平洋側を中心に日中は晴れる所が多い見込みです。ただ、早くも西から天気が下り坂となるでしょう。10日(土)から11日(日)にかけて、日本の南の海上と日本海をそれぞれ低気圧が発達しながら北東へ進む見込みです。10日(土)は沖縄と九州から関東を中心に雨や雪。11日(日)は東海と北陸、関東、東北、北海道で雪や雨が降る見込みです。大荒れや大しけとなるでしょう。その後、強い冬型の気圧配置になり、12日(月)には再び強い寒気が流れ込む見込みです。日本海側を中心に再び大雪となりそうです。
<最高気温>
この一週間気温差が激しくなりそうです。週末には南から暖かい空気が入り、9日(金)になると西日本を中心に気温が上昇。先月下旬から最高気温が10度に届かない日が続く福岡も、久々に10度を超えそうです。鹿児島は15度まで上がるでしょう。11日(日)になると、関東でも気温が上がり、各地で10度以上に。東京は14度まで上がる見込みです。厳しい寒さからは解放されそうです。しかし12日(月)の連休最終日になると、最高気温は関東から九州にかけてもほぼ10度以下。5度に届かない所も多いでしょう。連休明けも厳しい寒さとなりそうです。体調管理をしっかりしてお過ごしください。