寒波のピークは今夜から。日本海側はさらに雪が強まり、今季一番の大雪の所もあるでしょう。太平洋側にも雪雲が流れ込み、平地で積雪も。朝は厳しい冷え込みで、水道管の凍結注意。日中も凍えるような寒さでしょう。

●◆強烈寒波ピークへ

強烈な寒波の影響で、今日(5日)も日本海側は広く雪が降り、降り方の強まっている所もあります。福井市では今日(5日)になって、新たに30センチ以上積雪が増えました。また、西日本を中心に平年を下回る厳しい寒さとなっています。
寒波のピークはこれから。今夜(5日)からさらに強い寒気が流れ込んでくるでしょう。日本海側は広く雪が続き、さらに積雪が増える見込みです。特に、日本海で風と風がぶつかって発達する雪雲が次々と流れ込む北陸から山陰では雪がさらに強まり、平地でも今季一番の大雪となる所もあるでしょう。車の立ち往生など交通障害に警戒して下さい。北海道や東北にも低気圧の活発な雪雲がかかり、雪の強まる所があるでしょう。
太平洋側にも雪雲が流れ込み、東北や東海から九州南部では山沿いで大雪に、平地でも積雪となる所がありそうです。交通機関の乱れなどが予想されますので、時間に余裕をもった行動を心がけてください。

●◆厳しい寒さ続く

明日(6日)朝も各地で厳しい冷え込みになるでしょう。東京も含め、北から西まで広く氷点下の冷え込みになりそうです。関東から九州でも内陸部を中心に氷点下4度以下の冷え込みになるため、水道管の凍結や破裂に注意が必要です。日中も凍てつくような寒さが続くでしょう。最高気温は西日本でも5度に届かない所が多く、体にこたえる寒さが続きそうです。
今回の寒波は8日(木)頃にかけて長く居座り、影響が長引きそうです。日本海側は大雪に、太平洋側も積雪や厳しい寒さに注意が必要です。
10日(土)から11日(日)にかけては低気圧が本州付近を進み、北海道の東で急発達。再び西から寒気が流れ込んできそうです。