今日(15日)の道内は寒くなりました。最高気温(午後6時まで)は、旭川3.8℃、小樽5.5℃、函館7.5℃など、日本海側や太平洋側西部では今シーズン最も気温が上がらなかった所がありました。

今日(15日)の道内は上空に強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に湿った雪が降り、積もっている所もあります。午後6時現在では、後志地方の赤井川で11センチ、上川地方の幌加内と紋別地方の滝上では8センチの積雪となっています。最高気温(午後6時まで)は、旭川3.8℃、岩見沢5.4℃、小樽5.5℃、苫小牧7.6℃、室蘭7.8℃、函館7.5℃にとどまり、今シーズン最も気温が上がりませんでした。
明日(16日)は、今日より上空の寒気が強まります。最低気温は今朝より3度前後低く、内陸では氷点下の冷え込みとなります。最高気温も今日より3度前後低く、太平洋側で6℃前後、日本海側とオホーツク海側で4℃くらいでしょう。11月下旬から12月上旬並みの寒さとなります。外出の際はコートやマフラー、ブーツなど冬を意識した装備がおすすめです。
日本海側では留萌や上川、空知、石狩北部、後志、檜山地方などで雪が降りやすく、さらに積雪の増える所があるでしょう。交通関係は積雪や凍結にも注意が必要です。