きょう10日も、広い範囲で体に堪える暑さが続く。熱中症対策を万全に。また、西日本を中心に大気の状態が不安定。急に降る強い雨や雷雨に要注意。

●きょうの天気

広い範囲に湿った空気が流れ込みます。特に、日本海の前線に近い九州から近畿は、大気の状態が非常に不安定です。
【各地の天気(西から)】
沖縄は強い日差しが照り付けますが、昼頃からはザッと雨の降る所もあるでしょう。
九州はきょうも局地的な大雨に十分な注意が必要です。今朝、南部を中心に雨が降っていて、鹿児島県の阿久根市などで1時間40ミリ前後の激しい雨が観測されています。これから今夜にかけても、南部・北部ともに急に激しい雨が降ったり、雷雨になる所があるでしょう。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所もあり、土砂災害の危険性が高くなるおそれもあります。
中国と四国、近畿にかけて、変わりやすい天気です。晴れ間は出ますが、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が湧いてくるでしょう。屋外の作業やレジャーは、空模様の変化に気を配りましょう。ヒンヤリした風が吹いたり、ゴロゴロという音が聴こえてくるのは、天気急変のサインです。
東海と関東甲信、北陸も、午前・午後ともに、にわか雨の所がありそうです。特に夕方以降は、山沿いや内陸部でカミナリを伴い雨脚の強まる所があるでしょう。
東北と北海道は、朝晩を中心に雨の降る所があります。

●きょうの最高気温

西ほど暑さが厳しいでしょう。
那覇と福岡で34度、高知で35度、広島で33度、大阪で35度と、きょうも広い範囲で猛烈な暑さが続きます。ノドが渇く前に、こまめに水分を摂り、たくさん汗をかいたら適度に塩分も補給しましょう。めまいや立ちくらみなど、少しでも体に異変を感じたら、決して無理をせずに、すぐに涼しい所で休んでください。
名古屋で33度、金沢と東京で31度など、東海や北陸、関東も広く30度を超えます。きのう猛暑日地点が続出した関東は、きのうほどは上がりませんが、湿気が多くなり、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。
東北は、仙台で26度など、湿った東風が吹く太平洋沿岸は、きのうと同じくらい。厳しい暑さはなさそうです。そのほかはきのうより上がり、山形で31度など真夏日の所が多くなるでしょう。
北海道は札幌と旭川で25度など、南西部や北部はきのうと同じか高めで、25度前後の所が多い見込みです。釧路で19度など、東部はきのうより低く、20度に届かないでしょう。