関東は、台風が通り過ぎたあと、猛烈な暑さになるでしょう。熱中症に厳重な警戒が必要です。

●局地的に大雨

8日(火)は、台風の影響で、関東は午前中に山沿いを中心に所々で土砂降りとなりました。栃木県の奥日光中禅寺湖畔では、7日11時〜8日10時までの雨量は250ミリと、局地的な大雨となりました。午後は雨の範囲は狭くなってきましたが、一部で雨が続き、土砂災害警戒情報の発表されている所もあります。

●台風のあと危険を感じる暑さ

9日は、身に危険を感じるほどの暑さになるでしょう。台風は関東から遠ざかりますが、熱帯の空気が残り、朝から気温は高め。日中は強い日差しが照りつけて、気温がグングン上昇します。東京都心でも最高気温が35度以上の猛暑日となり、今年一番の暑さになるでしょう。群馬県館林市など内陸は、体温を超えるくらいの暑さになりそうです。屋外で過ごす方は、帽子をかぶるなど、なるべく直射日光を避けて、水分をいつも以上にこまめに摂ってください。たくさん汗をかいたら、少しの塩分もとるとよいでしょう。横浜市や千葉市は、今年はこれまで猛暑日になっていませんが、今年最高を一気に更新するでしょう。両都市とも36度くらいまで上がり、うだるような暑さになりそうです。エアコンや扇風機を適度に使って、熱中症を予防してください。

●しばらく暑さは収まらず

この先、一週間も暑さが続きます。特に9日、10日は猛暑日が続出しそうです。例えば、9日は関東の全アメダス地点の約6割近くで、猛暑日が予想されています。厳しい残暑ですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。