あす(19日)は、全国的に晴れ間の出る所が多くなり、にわか雨や雷雨は九州から関東の山沿いに限られそうです。あさって以降は、関東以西は晴れる日が多く、厳しい暑さと寝苦しい夜が続く見込みです。

●あすの天気

あす(19日水曜日)、日本付近は緩やかに高気圧に覆われますが、西日本や東日本には、南から湿った空気が流れ込む見込みです。全国的に日中は晴れる所が多いですが、西日本と東日本の山沿いや内陸を中心に、にわか雨や雷雨の所がありそうです。九州から近畿地方では局地的に激しく降るでしょう。短時間強雨や落雷、突風に注意して下さい。
日中の最高気温は、沖縄から東北は30度以上の所がほとんどで、太平洋側を中心に35度以上の猛暑日の所があるでしょう。那覇と鹿児島、高知、東京は33度、福岡と大阪は34度、、名古屋は35度、広島や金沢は32度、新潟と仙台は30度、青森28度の予想です。水分補給をこまめに行うなど熱中症対策をしっかりとなさって下さい。一方、札幌は25度と、北海道も暑さが戻ってくる見込みです。

●あさって以降の週間天気

あさって(20日木曜日)以降は、南西諸島や西日本、東海、関東は晴れる日が多いでしょう。日中の気温は33度前後の日が続き、寝苦しい夜も続きそうです。まるで梅雨明けしたかのような暑さでしょう。熱中症にならないように、水分補給をこまめに行うなど、無理をしないようにして下さい。一方、北陸や東北、北海道は気圧の谷の影響を受けやすく、晴れの日が長続きしません。北海道は21日(金曜日)から、東北は22日(土曜日)から雨の降る日が多いでしょう。北陸も22日土曜日以降は曇りや雨の降る日が続く見込みです。ただ、天気のわりに気温は高めで、北海道でも30度近くまで上がる日が多く、真夏のような暑さが続きそうです。