猛暑トンネル。関東から九州、沖縄までは今日も35度前後。北海道、東北、北陸は激しい雨で暑さにブレーキ。

連休二日目という方、いつも通りお仕事という方、連日の暑さで体調を崩さないようにお気を付けください。
きょう(16日:日曜)は「猛暑の続く所」と「猛暑は落ち着くけれど大雨の恐れがある所」があります。お住まいの地域は、お出かけ先の地域は、暑さ、雨の降り方はどうでしょうか。ポイントになるのが梅雨前線(東北付近に延びています)です。
【きょう(16日:日曜)のポイント】
北海道、東北、北陸は局地的に非常に激しい雨。特に東北は短時間で大雨の恐れ。暑さにブレーキ。
関東から九州、沖縄にかけての最高気温は35度前後。猛暑トンネルは出口がまだ見えず。
【きょう(16日:日曜)の全国の天気】
北海道は雨が降ったりやんだりで、昼ごろから夕方にかけて局地的にカミナリを伴い激しく降るでしょう。東北北部は活発な雨雲が最もかかりやすく、1時間に50ミリのまるで滝のように非常に激しく降る所があるでしょう。短時間で大雨になる恐れがあります。車で移動中、急に道路の冠水に見舞われることもあるでしょう。運転は十分ご注意下さい。東北南部も昼ごろから所々で雷を伴った激しい雨が降る見込みです。北陸は雨が降ったり止んだりで、局地的に激しく降るでしょう。一方、関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄は日差しが出る見込みです。ただ、晴天は安定しません。あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発生するため、空模様の変化に注意が必要です。
【きょう(16日:日曜)の全国の最高気温】
北海道や東北北部は27度前後で、ここ数日続いた体に堪える暑さからは解放されそうです。東北南部や北陸は30度くらいで、猛暑とまではいきませんが蒸し暑いでしょう。関東甲信や東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄は35度前後まで上がる所が多いでしょう。連日の日中の暑さ、寝苦しい夜で、体に疲れがたまっている方も多いのではないでしょうか。自分に合う熱中症予防をして無理のないようにお過ごしください。
【天気急変の合図】
①黒い雲が近づいて空が急に暗くなる時。
②急に(冷たく)強い風が吹きぬける時。
③雷の鳴る音が聞こえる時、雷の光が見える時。
【土砂災害の前兆】
①斜面にひび割れができ、それが急に広がってきた。
②木が避けるような音、地鳴りなどの異様な音、普段とは違う臭いがする。
③今まで涸れたことのない湧き水が止まる、逆に、湧き水のなかった所から水が湧き出し、それが濁っている。
※雨が弱まってから、または天気が回復して(晴れて)から、大きな山崩れが発生することもあります。大雨の後、1~2日ぐらいは斜面の様子に気をつけましょう。