猛暑トンネルの出口がなかなか見えません。最新の1か月予報によると、8月上旬にかけても全国的に気温が高く、厳しい暑さが続くでしょう。

●この先1か月の天候の特徴は

13日(木)発表の最新の1か月予報によると、8月上旬にかけても全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温が高いでしょう。特に7月後半は気温がかなり高い所がある見込みです。北海道や東北は前線や低気圧の影響を受けやすく、向こう1か月の降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ないでしょう。
【1週目】7月15日~21日
北海道から東海、北陸にかけては平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。近畿から沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多い見込みです。三連休を中心に、全国的に最低気温、最高気温ともに平年より高い状態が続くでしょう。夜間の寝苦しさと、日中の厳しい暑さに体調を崩さないよう、注意が必要です。
【2週目】7月22日~28日
前線や低気圧の影響を受けやすい北海道や東北は平年に比べ、曇りや雨の日が多く、北陸は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。気温は平年並みか高い見込みです。関東や東海から沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。気温は、関東や東海は平年並みか高く、近畿から沖縄・奄美は、平年より高い見込みです。多くの学校が夏休みに入り、日中に屋外で過ごす方が増える時期です。下記リンクの「熱中症の予防と対策」などを参考に、熱中症について改めて学び、しっかり対策をとるようにしましょう。
【3~4週目】7月29日~8月11日
北海道や東北は数日の周期で天気が変わるでしょう。気温は平年並みか高い見込みです。関東から沖縄・奄美にかけては平年と同様に晴れの日が多いでしょう。気温は平年並みか高い所が多く、沖縄・奄美は平年より高い見込みです。例年だと暑さがピークを迎える頃で、うだるような暑さが長く続くことも考えられ、注意が必要です。