今日(20日)の道内は、日本海側やオホーツク海側を中心に、朝から晴れている所が多くなっています。この後も広い範囲で晴れる見込みで、日中は紫外線が強くなるため、外出には帽子や日焼け止め、日傘などの紫外線対策が必要です。

北海道付近は本州方面の高気圧に覆われて、広い範囲で晴れています。日中は引き続き晴れる見込みで、特に正午ごろは紫外線も強い見込みです。外出には短い時間でも帽子や日焼け止めなどの紫外線対策をするとよいでしょう。札幌では紫外線が一年で最も強いのは7月ですが、6月でも晴れる日には十分に強くなります。紫外線は頭上から降り注ぐだけでなく、地面や建物などに反射して横や下からもやってきます。紫外線の反射率はアスファルトで10パーセントと言われています。日傘を差す時にはなるべく顔の近くにすると、紫外線から顔を守る効果が高いそうです。